梅田 雄基

担当講座

英語入試対策の枠を超え、他科目や小論文の力、思考力・主体性をも育む

東大京大などの旧帝大・早慶上智大ICU・一橋大東工大・難関大医学部・海外大など、国立・私立を問わず最難関大学の合格を目指す人のための講座です。

さらには、ある程度の読解力が備わっていることは前提として、根源的な思考力を鍛え、リベラル・アーツを身につけていくことで、英語力向上最後の壁を乗り越えていってもらいます。

英文→和訳 を超えていく、知的英文速読術の土台完成へ

現時点では進路をまだ何も決めていない生徒、進路は決まったが何から始めていいのかわからない生徒、すでに難関大学合格を目指している生徒、海外大学進学を考えている生徒など、骨太の英語力を身につけたいあらゆる大学を目指す、あらゆる受験生のための講座です。

速く読もうとすればするほど、文章の途中で何の話をしているかわからなくなってしまう。これが、努力している受験生が等しくぶち当たる壁です。しかし、本講座で実践する長文速読術を習得すれば、読む前に次の話題の予測さえできるようになり、文章全体を本当の意味で素早く理解できるようになります。

無味乾燥な丸暗記を半減⇒ 時間をかけずに英文法を完全習得

時間を掛けずに効率的に英文法を習得したいすべての受験生のための講座です。丸暗記を極力排除することで、英文法学習に割く時間を大幅に短縮させます。

時間を掛けずに効率的に英文法を習得したい英語が苦手な受験生のための講座です。 丸暗記を極力排除することで、英文法学習に割く時間を大幅に短縮させます。受験基礎レベルを中心にしつつ難関レベルまで扱っていきます。

慶應大学、青山学院などの小論文入試とAO推薦などの小論文はレベルだけでなく鍛えるべき力が違います。生徒にとっても現時点まで積み上げてきた言語体験や表現のレベルなども一人一人違います。書き方は市販の参考書で得られ、通信での添削などもありますが、それら全てに充分な対話の時間がなければ、志望校に合格する力を身につけるのは難しいでしょう。R塾の小論文講座は完全オーダーメイド型です。生徒との関わりが強い英語の梅田講師が担当し、一人ひとりの志望校、試験形態に合わせて「読み解く力」「考える力」「書く力」を鍛え上げます。

紹介

これまでに、東大・早慶・医学部クラスから高1まで多様なクラスを担当してきており、どこも常に満席と幅広い生徒からの支持を受けている。都内各地の高校にも出講し、特別講座を担当するなど活躍する場も幅広い。

ライブ授業だけでこれまでに1500名以上を早慶上智大合格に導き、その合格実績を中心となって牽引してきた。

彼は『アクティブ・ラーニングをいち早く取り入れ、試行錯誤を重ねて、彼にしかできない質の高い授業スタイルを作り上げた。そのスタイルはR塾の理念・志と完全に合致し、ここにしかない学習指導を提供している

また、講師でありながらこれまでに1000件以上のカウンセリングを行ってきた実績を持つ。学習塾でありがちな一方的な押しつけによる学習・進路指導ではなく、「生徒のウォンツ(顕在化していない欲求)」「家族への想い」「社会のニーズ」を加味した上での生徒1人ひとりに合わせたラーニング・マネジメントを行う。

それが多くの生徒やその保護者の絶大な支持を得ており、大手学習塾・予備校では1ヶ月以上先まで予約が埋まっているほどの盛況を博している。

梅田雄基のホームページはこちら

 

梅田流ブレンディッド・ラーニング
(進化型アクティブ・ラーニング×個別学習プログラム)

1. 進化型アクティブ・ラーニング

ハーバード大学やスタンフォード大学などでその有用性が実証され、文部科学省が導入を強く進めているアクティブ・ラーニングを塾・予備校界でいち早く取り入れ昇華させ続けました。

その授業スタイルは「機械的にただ議論させたり、発表させたりする」だけの、世に氾濫しているアクティブ・ラーニングとは一線を画しています

例えば、専門家の間でたびたび言われているアクティブ・ラーニングの以下の欠点

  1. 時間の限界:知識量に差のある人たちが混在している集団に対して、議論の成立具合や進行状況にかかわらず1コマで授業を完結させていかなければならない。
  2. 指導側の課題:既存の教材や、従来の授業内容や講義力では対応できない。
  3. 学習側の課題:人間関係の対立に発展するのを恐れ、議論が消極的になる。

以上も完全に克服した授業スタイルになっています。その成果は、これまでの圧倒的な合格実績が実証しています。

 

授業内ルールの一例

  • 「リラックスする」「やりやすい場所を確保する」(R塾は自宅なので最強です

  ⇒ 活発な話し合いの前提となるのは「安心できる場」であることです。人は誰でも不安を抱えている状態では、発言や行動を控える傾向にあります。ルール設定以外でも、「リラックスした雰囲気づくり」「適切なチームやペアの構築」「適度な休憩」「膠着状態のチームへの教師の介入」など、「安心できる場」づくりには常に心を砕いています。

  • “why”を意識して発言する」

アメリカ国立訓練研究所(National Training Laboratories)の「ラーニングピラミッド」という有名な研究結果によると、従来の聞くだけの講義に比べて他の人と説明しあったりするほうが、学習定着率はおよそ18倍にもなるとあります。

しかし、テキストやノートに書かれていることをただなぞって発言しているだけでは、理解して話してるとは言えず効果は半減してしまいます。

ですので、各グループの話し合いが、ただ答え合わせや理論やルールの反芻にならないよう「 “why”を意識して発言する」というルールを設け、私がさりげなくチェックするようにしています。

 

2. 個別学習プログラム

集団型授業の最大の欠点は、「人によって異なる」に尽きます。

人によって「記憶力」「知識量」が異なる
人によって「環境(部活等の課外活動など)」が異なる
人によって「目標(志望校や入試形態)」が異なる

この3点を無視して、様々な人が混在する集団に対して画一的に授業を行っているところにあります。

とりわけアクティブ・ラーニング型授業では、他者との関わりが強くなってくるので、この点を放置すると逆効果になってしまう危険性があります。

 

ですので、ここでは『進化型アクティブ・ラーニング』に加え、1人ひとりの状況に合わせて「参考書学習」や「映像授業」「チェックテスト」など、個別学習プログラム1人ひとり相談しながら組み立てていきます。

これにより、上述した欠点を完全に克服し『進化型アクティブ・ラーニング』の効果の最大化を実現しました。

『進化型アクティブ・ラーニング』×『個別学習プログラム』により、生徒主体でなおかつ隙のない学習システムになっています。