保護者様へ

オンライン学習では心配?

Zoomを使って、講師や他の塾生と顔を見て話すことを重視した「リアル塾そのままの所属感」があるR塾の「塾生」は、スマホ・タブレット・PCを通じて人間関係があるため、学習が続き、効果も上がります。

通塾よりR塾が良い理由

お子様がご自宅にいる安心

R塾の授業は遅くても19時30分から始まるため、その時間には部屋でZoomに接続し準備を整えねばなりません。塾の帰りに遅くなることはもちろんありません。

食事をご自宅で

塾通いのお子様はコンビニ弁当などで食事を済ませがちですが、ご自宅で受講となれば、ご家族で夕食を食べる機会も増えるでしょう。ご家族でのコミュニケーション・美味しい食事によるストレス解消栄養面でも重要です。

スマホ・タブレット・PCが勉強道具に

R塾の授業は塾生同士で議論するため、スマホ・タブレット・PCに向かって話します。 Zoomの場合、相手がいて退出時は表示されるため、違うアプリに切り替えることは難しく話し声で学習していることが確認できます。塾生は20歳以下の大学受験生です。万が一、公序良俗に違反するような言動や行動を起こす塾生がいた場合、授業中なら強制退席となり、その後退塾となるのでご安心ください。

お迎え不要

地域によっては塾または最寄りの駅までお迎えが必要だったかもしれません。しかし、R塾ならガソリン代が不要になるだけでなく、より食事やお酒を楽しんだり、早めにお休みになる時間が取れます。保護者様も明日に備えられます。

 

見放題録画授業やチャット予備校だけだとなぜ続かないのか

見放題の録画授業は安くて良いのですが、結局見なくなってしまうのは、能動的に進む習慣がつきにくいからです。いつでも見る事ができ、人間関係を感じることもないことから、アプリを開くこともなくなります。また、一時停止や巻き戻しができてしまうため緊張感もなく金額も気にならない程度のため放置してしまう生徒が多いのです。

1,000円で受講できる生放送チャット予備校の場合、録画より集中はできますが、講師への質問ができてもチャットのみで限定的であり、LINEで文字だけ送っても伝わりづらいのと同じで、効果は高いとは言えません。忙しい高校生活の中で、直接の人間関係を感じなければ、生活習慣まで改めるのは難しく、欠席しても連絡を送ることも来ることもないので、後で録画を見ればいいと思っているうちに大切な期間を失うのです
R塾を日々の学習の中心とすれば、講師や他の塾生との人間的な繋がりを感じられ、見放題録画授業・チャット予備校などのメリットも活かせるでしょう。