講座案内

高3・既卒

対策しにくい「記事」「物語文」「会話文」などの一貫したアプローチ法

英語入試対策の枠を超え、他科目や小論文の力、思考力・主体性をも育む

旧来の塾・予備校や参考書では、ただ和訳するだけになりがちで対策の立てにくい新聞・雑誌記事物語文会話文図表を交えた文章などの特殊文体。この講座では、これらの文章に対する独自の読解テクニックを余すことなく解説します。

さらには、ある程度の読解力が備わっていることは前提として、根源的な思考力を鍛え、リベラル・アーツを身につけていくことで、英語力向上最後の壁を乗り越えていってもらいます。

英文→和訳 を超えていく、知的英文速読術の土台完成へ

あらゆる最難関大学入試で共通して必要な高度な英文速読即解術の習得を目指します。

具体的には、

①内容が難しく和訳読みでは太刀打ちできない「硬質で難解な評論文」の完全理解を可能とする速読術

② 膨大な量のルール暗記なし。最低限の知識運用によるシンプル精読術

設問別の解法「読めたんだけど間違えた」をなくす。

を理解し、独力で運用していけるようにしていきます。

無味乾燥な丸暗記を半減⇒ 時間をかけずに英文法を完全習得

時間を掛けずに効率的に英文法を習得したいすべての受験生のための講座です。丸暗記を極力排除することで、英文法学習に割く時間を大幅に短縮させます。

やっぱり、これはズルい。

単元横断用の文法の問題集とオリジナルの「英語全板書」を使い、演習解説記憶を行います。毎年、難関大学の合格者が、この「英文法全範囲」がかなり大きかったと言います。これまで英語をサボってきた人には強固な底上げとして、勉強してきた生徒には知識の穴埋めとして、非常に重要な講座です。浅く広く全範囲をカバーします。この講座を受講した後は「左に問題、右に解答・解説」系の問題集を本当の意味で使いこなせられるようにもなるでしょう。

そして、これもズルい。

英語の成績を上げるには、単語・熟語の記憶だけでは不十分です。一文一文を読むために精読技術を身につける必要があります。これは単なる「多読」や「教科書の丸暗記」などといった学習法で習得するのは困難です。また、日本人初学者向けではないスラッシュを使い続けると、単語や熟語や構文を闇雲に暗記し、文に貼り付けるだけの読み方になり、大学入試で設問が求める答えを見抜けなくなります。

また、単語・熟語はある程度覚えて、精読技術も身につけても「文全体で何を言っているかわからない。」「前に書いてあった事を忘れてしまう。」「設問が解けない。」「速読ができない。」などよくある悩みです。この講座ではそれらの悩みを解消できる長文読解技術の基礎を扱い、皆さんが講座終了後に自力で過去問研究や問題集をバリバリこなしていける事を目標にしています。

数学Ⅱの頻出テーマを主に扱います。典型問題を題材にし、基本事項の確認及び考え方、解き方を定着させ、難易度の高い問題へ対応できるよう入試研究をしていきます。本講座では合格への実力を養うことが目標です。

数学Ⅲの頻出テーマを扱います。典型問題を題材にし、基本事項の確認及び考え方、解き方を定着させ、最終的には難関大学入試問題レベルのやや高度な問題演習に挑戦します。本講座では合格への実力を養うことが目標です。

数学の学力を伸ばしたい人向けの少人数制講座です。(先着順) 1人1人の志望校と実力に合わせたテキストを演習、解説していきます。必要ならば導入からの講義もします。かゆいところに手が届く、あなたに対応した講座です。 受験生とは事前に面談を行い、現状の分析、今後の学習計画を立てていきます。この面談を通し、授業内の課題を決めていきます。 短い時間で最大効率を目指しましょう。

東大京大などの最難関大学の問題を解くために必要な思考過程を身につけるために、問題の着眼点・発想・複数の解法を提示する。しかし、誰も知らない知識を多く持っている受験生が有利ではない。 誰でも知っていることを誰よりも深く身につける必要がある。 この講座では、何を知るべきか?どこまで知るべきか?を明示したい。

「基本」が大切と誰もが言う。「基本」は簡単だと誰もが言う。 でも、「基本」てなんだろう? 東大合格者の中には、「基本がちゃんとできていれば東大も受かるよ」と言う人もいる。 「東大って難しい問題を出すんじゃないの?基本だけで解けるわけないじゃん…」その答えがここにある。

準備中です。

慶應大学、青山学院などの小論文入試とAO推薦などの小論文はレベルだけでなく鍛えるべき力が違います。生徒にとっても現時点まで積み上げてきた言語体験や表現のレベルなども一人一人違います。書き方は市販の参考書で得られ、通信での添削などもありますが、それら全てに充分な対話の時間がなければ、志望校に合格する力を身につけるのは難しいでしょう。R塾の小論文講座は完全オーダーメイド型です。生徒との関わりが強い英語の梅田講師が担当し、一人ひとりの志望校、試験形態に合わせて「読み解く力」「考える力」「書く力」を鍛え上げます。

高2

英文→和訳 を超えていく、知的英文速読術の土台完成へ

あらゆる最難関大学入試で共通して必要な高度な英文速読即解術の習得を目指します。

具体的には、

①内容が難しく和訳読みでは太刀打ちできない「硬質で難解な評論文」の完全理解を可能とする速読術

② 膨大な量のルール暗記なし。最低限の知識運用によるシンプル精読術

設問別の解法「読めたんだけど間違えた」をなくす。

を理解し、独力で運用していけるようにしていきます。

無味乾燥な丸暗記を半減⇒ 時間をかけずに英文法を完全習得

時間を掛けずに効率的に英文法を習得したいすべての受験生のための講座です。丸暗記を極力排除することで、英文法学習に割く時間を大幅に短縮させます。

時間を掛けずに効率的に英文法を習得したい英語が苦手な受験生のための講座です。 丸暗記を極力排除することで、英文法学習に割く時間を大幅に短縮させます。 ※夏期講習からの受講も歓迎します。受験基礎レベルを中心にしつつ難関レベルまで扱っていきます。

やっぱり、これはズルい。

単元横断用の文法の問題集とオリジナルの「英語全板書」を使い、演習解説記憶を行います。毎年、難関大学の合格者が、この「英文法全範囲」がかなり大きかったと言います。これまで英語をサボってきた人には強固な底上げとして、勉強してきた生徒には知識の穴埋めとして、非常に重要な講座です。浅く広く全範囲をカバーします。この講座を受講した後は「左に問題、右に解答・解説」系の問題集を本当の意味で使いこなせられるようにもなるでしょう。

そして、これもズルい。

英語の成績を上げるには、単語・熟語の記憶だけでは不十分です。一文一文を読むために精読技術を身につける必要があります。これは単なる「多読」や「教科書の丸暗記」などといった学習法で習得するのは困難です。また、日本人初学者向けではないスラッシュを使い続けると、単語や熟語や構文を闇雲に暗記し、文に貼り付けるだけの読み方になり、大学入試で設問が求める答えを見抜けなくなります。

また、単語・熟語はある程度覚えて、精読技術も身につけても「文全体で何を言っているかわからない。」「前に書いてあった事を忘れてしまう。」「設問が解けない。」「速読ができない。」などよくある悩みです。この講座ではそれらの悩みを解消できる長文読解技術の基礎を扱い、皆さんが講座終了後に自力で過去問研究や問題集をバリバリこなしていける事を目標にしています。

数学の学力を伸ばしたい人向けの少人数制講座です。(先着順) 1人1人の志望校と実力に合わせたテキストを演習、解説していきます。必要ならば導入からの講義もします。かゆいところに手が届く、あなたに対応した講座です。 受験生とは事前に面談を行い、現状の分析、今後の学習計画を立てていきます。この面談を通し、授業内の課題を決めていきます。 短い時間で最大効率を目指しましょう。

高1

時間を掛けずに効率的に英文法を習得したい英語が苦手な受験生のための講座です。 丸暗記を極力排除することで、英文法学習に割く時間を大幅に短縮させます。 ※夏期講習からの受講も歓迎します。受験基礎レベルを中心にしつつ難関レベルまで扱っていきます。

入試で合格を勝ち取るために必要な2つの基盤を身につけるための講座です。

1つ目は計算力。展開や因数分解、方程式、不等式などの問題の効率的な計算法と応用力が身につく別解をお伝えします。

2つ目は二次関数。入試頻出の最大値・最小値の問題を全パターン演習していきます。

扱う問題のレベルは教科書例題〜入試基本までになります。

無味乾燥な丸暗記を半減⇒ 時間をかけずに英文法を完全習得

時間を掛けずに効率的に英文法を習得したいすべての受験生のための講座です。丸暗記を極力排除することで、英文法学習に割く時間を大幅に短縮させます。

数学の学力を伸ばしたい人向けの少人数制講座です。(先着順) 1人1人の志望校と実力に合わせたテキストを演習、解説していきます。必要ならば導入からの講義もします。かゆいところに手が届く、あなたに対応した講座です。 受験生とは事前に面談を行い、現状の分析、今後の学習計画を立てていきます。この面談を通し、授業内の課題を決めていきます。 短い時間で最大効率を目指しましょう。